木のまちづくりから未来のヒントを見つけるマガジン キノマチウェブ

ABOUT
ABOUT

「現し」とは

「あらわし」と読みます。柱や梁など、構造材が見える状態で仕上げること。主に木造の建築用語として使われます。


別名で「躯体現し」とも呼ばれる建築手法で、通常は建物の構造体の上から、板やクロスを貼って内装を仕上げるところを、あえて露出させて骨組みを見せるものです。

また、「現し」は日本の伝統的な木造工法であり、梁の木材をそのまま仕上げとすることで、木の風合いを居住空間に生かすことができます。在来工法で「現し」を行うことはとても難しく、伝統的な大工技術や、木の素材を知り尽くした製法で建築を行う必要があります。

現代の住居空間においても、柱や梁を隠さずそのまま部屋のインテリアに据える「現し」を設えることでニーズに応えた耐火集成材「燃エンウッド®」、RC造の「コンクリート打ち放し壁」なども人気があります。

キノマチウェブをご覧になって興味を持たれた方はぜひご連絡・お問合せください。
お問い合わせは下記「キノマチメンバーになる」ボタンから!

よく読まれる記事